業務内容

滝口製作所では熱間鍛造技術を使った鍛造品の「設計・試作・量産」を行っています。

滝口製作所では熱間鍛造技術によるた刃物・作業工具、自動車部品などの鍛造品を製造(設計・試作・量産)しております。

当社がある新潟県三条市は、金物の製造集積地として全国に知られていおり、社内でできない加工があった場合でも、近郊の企業に依頼することで様々な加工ができ、お客様からの要望に応えることが可能です。
地場産業として古くから物作りが発達してきたため、材料調達から複雑な金型設計、熱処理、コイニング、研磨など、技術力の高い外注先が揃っており、熟練した職人も多くおります。

こんなことにお困りではないでしょうか?

今作っている製品・部品のコストダウンを図りたい
滝口製作所ではコストダウンのお手伝いとして、「後工程を考慮した製品・部品作り」のお手伝いをさせていただきます。
熱間鍛造は御存知のとおり、寸法精度が出すのが非常に難しいですが、滝口製作所は今までの経験から精度の高い製品・部品づくりが可能となりました。精度が高い製品・部品作りはその後の御社での加工・仕上の簡略化を可能とし、トータルの製造コストダウンに繋がります。まずは御相談ください。
小ロットの鍛造品を注文があったときだけ作って納品して欲しい
鍛造業(部門)は設備の費用が多くかかりますし、それ以上に人材の確保が難しいのが現実です。近年では、経営悪化の要因となる自社内の鍛造部門は廃止し、当社を鍛造部門の外注先としてご利用いただくケースが増えております。
滝口製作所では設計・試作・量産の全般あるいは一部を請け負い可能で、しかも小ロットからでも対応しております。
新製品をできるだけコストをかけずに開発したい
新製品の設計・試作は費用がかかります。滝口製作所では小ロットから対応しており、刃物・作業工具を中心に800種類以上制作の豊富な経験があります。そのため一から自社内で行うよりも低コストにて新製品の開発を行うことができます。例えば、半製品をお客様に納品し、お客様が仕上げ加工を行うことで簡単にお客様オリジナル商品を開発できます。
特に鍛造品は、素材により設計どおりに鍛造することは難しく、試作に手間・時間が掛かりがちです。したがいまして、経験豊富な当社に依頼いただいた方が効率的に新製品を開発可能です。ぜひ御相談ください。

滝口製作所の熱間鍛造の特徴

  • 10mmφ~60mmφまで鍛造可能
    滝口製作所では刃物・作業工具、自動車部品などの製品の元となる素形材を熱間鍛造によって製造しています。
    素形材は丸鋼材から成形し、10mm~60mmの材径に対応しています。
    具体的には薄物、細物、長物等、小~中サイズの鍛造品を得意としており、製品重量としては20g~3,000gに対応しています。

  • ステンレス各種、SK3種(刃物鋼)、バネ鋼など幅広い鋼材に対応いたします
    当社で加工できる鋼材としてはステンレスの各種鋼材、刃物鋼であるSK3種、そしてバネ鋼、鉄(SC材等)をメインに行っております。特にステンレス、SK3種、バネ鋼は難度が高く、鍛造できるところが少ないと言われております。お困りの方はぜひご相談ください。

  • 試作、小ロットの量産もご相談ください
    数が少ないので断られた!そんな経験はありませんか?滝口製作所では、試作品や小ロットの量産品、もちろん大量生産品まで対応いたしますので、ご相談ください。

  • 800品目(800型数)以上を鍛造しているノウハウがあります
    熱間鍛造は量産を得意とする反面、熱による伸縮変形によって精度を出す事が難しい製造方法ですが、800品目以上の鍛造品の量産実績で培った鍛造技術で、様々なニーズに対応することができます。
    例えば製品図面と鍛造図面は微妙に異なります。(材質や形状によって、実際に型打ち鍛造した場合、製品図面通りの形状にならない為、金型での調整が必要) 当社は多品種・多品目の鍛造をしている経験から、ユーザーの求める製品形状になるよう、金型設計段階から助言することが可能です。 実際、「図面通りの製品にならない。なぜなのか?何とかして欲しい。」という相談が持ち込まれ、当社で金型を調整して、鍛造することになった仕事も多くあります。

  • 鍛造方法はエアースタンプハンマーを用いた型打鍛造です。
    鍛造に使う金型はお客様よりお預かりする場合もありますが、自社で金型を設計と製作も行っています。